自己処理のこわさ

実は怖い!脱毛の自己処理

多くの方が行なっている脱毛の自己処理、実は結構リスクが高いって知っていますか?自己処理でも正しい方法でできていれば問題がありませんが、皮膚の状態を見極めながら使い分けるのは難しかったりします。次のようなトラブルが起こっていれば、脱毛の自己処理が間違っているといえるため見直す必要があるのです。
例えば良くみられるのが皮膚の色素沈着です。カミソリで剃っている際に起こりやすく、無駄毛と一緒に皮膚まで傷つけることで色が濃くなります。若い頃ならまだ新陳代謝が良く改善しますが、年齢を重ねたり何度も自己処理をするうちに色素沈着が取れなくなってしまいます。
また、皮膚の中に毛が埋もれるトラブルも多いようです。これはカミソリや毛抜きによる自己処理に見られている問題で、生えてきた毛が皮膚の中に埋もれてしまい見た目が悪いのが特徴的です。正常に毛を生やすためには皮膚の表面をこすって毛穴を滑らかにしなければなりません。自己処理はそれだけ毛が生える毛穴に多くの負担をかけており、陥没毛だけでなく毛穴が開くなどのトラブルも起こりやすいのです。

 

処理の頻度が多いから問題が起こりやすい

自己処理はなぜこれだけの皮膚トラブルを抱えてしまうのでしょうか。これは自己処理の特性によるもので、皮膚の表面に見えている毛のみしか処理できないので、短期間のうちに何度も繰り返すためです。
例えばカミソリで毛を剃ったとしましょう。このときに皮膚の表面も傷つけていたり、角質まで剃っている可能性が高くなります。皮膚が傷ついてもまた再生されれば問題は無いのですが、自己処理の場合は人によっては数日おきに剃ったり、3日に1回の利用ということもあるため皮膚の回復が追いつきません。次回に処理するまでに傷が修復せず、そのまま何度も自己処理を繰り返すと皮膚に細菌が入り込み炎症を起こしやすくなります。これが色素沈着の元となったり、毛の陥没にも繋がってくるのです。
特に脇毛の場合は毛が元々太いため頻繁に自己処理が必要となります。場合によっては毎日剃ることになり、多くのダメージを肌に与えてしまいます。自己処理も肌をケアしながらやればあまり影響が無いのですが、その利用期間の特性によって回復が遅れがちということがわかったのではないでしょうか。

脱毛サロンの人気ランキングはコチラ>>