脱毛方法と脱毛マシーン

脱毛サロンのほとんどは光脱毛

脱毛サロンやエステではほとんどが光脱毛と呼ばれる脱毛器具を採用しています。レーザーと光脱毛どちらも光を利用して毛根に熱エネルギーを与えるのは一緒なのですが、出力に大きな違いがあります。レーザーは医療行為のためクリニック限定で、光脱毛は出力が弱い代わりに広範囲を処理できるメリットがあります。多くのサロンが採用しているのは医師がいなくても安全に使用でき、多くの脱毛を処理できるからです。また、値段が安いのもメリットのひとつで、初期費用が高額なレーザーと比べると1人当たりの価格を下げられます。やはり脱毛効果の高さでは医療機関のレーザーに叶うものはないのですが、肌へのダメージを避けながら広範囲に照射できて安いのは女性にとってメリットが高いと考える人も多いのです。脱毛しても肌は美しく保ちたい方は保湿ケアも付いている光脱毛を選ぶ傾向がみられています。
値段がお手ごろで肌にも優しく、痛みが少ない脱毛を選びたい方は脱毛サロンやエステで取り入れている光脱毛を選ぶことをおすすめします。

サロンによる脱毛マシーンの違い

脱毛サロンやエステによっては採用している光脱毛が若干異なっています。大きな違いは無いのですが、施術前にジェルを塗布するもの、施術中に冷却ができる機械、保湿も同時に行えるタイプなど多少違いがみられています。サロンの公式サイトをよくご覧の上、どのようなことに特化した機械を採用しているか確かめると良いでしょう。
例えばミュゼや脱毛ラボではジェルと光の相互作用で効果を上げやすい機械を導入し、痛みが軽く肌へのダメージは少なめです。TBCは2種類のライトを利用することで脱毛具合が調節でき、肌に負担がかからない方法も選択できます。銀座カラーでは痛みが少ない脱毛と全身脱毛にむいている波長が広いタイプを採用しています。ジェイエステティックではジェルが不要なタイプで冷却ヘッド付き、保湿も叶える機械を使っており短時間での施術に向いているようです。
このように光脱毛といっても多少使われている機械は異なっており、気になる方はサロンで詳しく聞いてみてください。

脱毛サロンの人気ランキングはコチラ>>